アリゾナ州セドナの郊外にある遺跡。
Palatki遺跡よりもさらに奥にあるのでこちらはそれほど多くの人は訪れない。
Palatki同様シナワの遺跡で1100〜1300年頃の住居跡とされる。

崖の窪みを利用して建てられており状態もよい。
建物の周りの壁面にはピクトグラフが見られる。
60以上の部屋があり、Palatkiよりも大きい。

かなり荒れた道を走るのでPalatkiから30分はかかる。
降雨後は路面の状況を確認の上訪れること。
未舗装道路の起点に遺跡のOPEN/CLOSEの表示板がある。
CLOSEの場合はそこまで辿り着くことが困難ということも意味している。
PalatkiがOPENであってもHonankiまでの道はさらに険しいので細心の注意を払う必要がある。
地面は柔らかいためスタックするととても厄介なので無理は禁物。
※万が一スタックしてしまいどうにもならなかった場合でも冷静に!
ピンクジープツアーや牧場主が通るのでにこやかに助けを求めよう。

道の左側に駐車場、右側に入り口がある。
小さい小屋があるのみでそこで記帳する。
中はループトレイルのみで歩行はとても楽。
木が生い茂っているため日差しを遮ってくれる。

グループ シナワ
年代 西暦1100-1300
場所 セドナの郊外
特徴 遺跡とピクトグラフ
その他
設備 なし
入場料 無(要レッドロックパス)


大きな地図で見る