古代プエブロの最西端の壁画サイト。
一般的には古代プエブロはネバダの州境は超えていないとされているが、実際にプエブロ系の壁画が存在する。
140km南には古代ユーマ族が壁画を残しており、2つの文化が交わった地域とも考えられる。

ラスベガスから近い為訪れる人は多く、残念ながらかなりの落書きも見受けられる。
本物との判別は簡単だが壁画を破壊しているものも少なくない。
ラスベガスの観光客のマナーはかなり悪いと言わざるを得ない。
公園自体は壁画がメインではなく、地面から炎が吹き出たかのような赤い岩山が見所。


一番下のブタの横顔のようなものは落書き。

グループ 古代プエブロ
年代 西暦500-1200
場所 ラスベガスから北へ1時間
特徴 最西端の古代プエブロ
その他
設備 トイレ、売店(ビジターセンター)
入場料 あり
トレイルヘッドまでのアクセス
街から1.5時間 / 舗装道路
トレイルヘッドからのアクセス
徒歩10分以内 / 観光地レベル


大きな地図で見る