モンテズマキャッスルの北に位置し、モンテズマキャッスルと同じグループの遺跡とされている。
巨大な泉の周りの崖の中腹と崖の上に住居跡が点在している。
少し離れた場所にはさらに古い竪穴式の住居跡も残っている。

崖下の浅い洞窟内にも小さい住居がある。

アクセス:I-17の298出口を降り(肉屋で降りる!)セドナと反対へ進む。
最初の交差点(看板あり)を右折し、未舗装道路を暫く走ると入り口あり。
リムロックの街からも行けるが、道が入り組んで判り辛いのでお勧めしない。

グループ シナワ
年代 竪穴式住居:西暦1100ごろ/崖の家:1125-1400
場所 I-17 298出口の東側
特徴 泉の周りの住居
その他
設備 トイレ(ビジターセンター)
入場料 あり
トレイルヘッドまでのアクセス
街から近い / 未舗装道路あり
トレイルヘッドからのアクセス
徒歩10分以内 / 観光地レベル


大きな地図で見る