UT12号線沿いにひっそりと佇む。
エスカランテリバーと交差する場所にトレイルヘッドがり、駐車する事が出来る。
駐車場から川に出て左へ進み橋の下をくぐる。
小さな橋を渡り、砂地を少し進んだ所。
目の前の崖を見上げると中腹にひっそりと小さい遺跡が佇んでいる。
とても簡素なひとり用の住居。オオカミ等から身を守る為に高い場所に住居を築いたと思われる。
年代等は不明。

駐車場の北側にはハンドレッドハンズピクトグラフがある。
が遺跡

グループ 古代プエブロ
年代 調査中
場所 UT12号線沿い
特徴 独身男性用住居
その他
設備 なし
入場料 無料
トレイルヘッドまでのアクセス
街から近い / 舗装道路
トレイルヘッドからのアクセス
徒歩10分以内