ラスベガスから南へ1時間ほどの場所にあるのだが・・・・

下調べをして完璧だったはずだが、95号線からの入り口でつまずく。
ナビに座標を入力していたため入り口の位置は完璧だったが、その道自体に問題があった。
キャトルガード自体も明らかに小さい。道幅もかなり狭く、車一台分。もちろん未舗装だが今まで走ったことのあるどの道よりも緩い路面。
車を降りて確認したが、かなり危険な予感。とりあえずゆっくりと侵入してみる。が、数十メートル進んだ所で断念。。。
大きなコブを超えなければならず、仮に超えた場合戻れる可能性はかなり低くなりそうな感じ。
Uターンする場所がないためバックで戻らなければならない。乗用車ではとても無理だろう。そこから95号線までのバックも結構大変だった。
この場所は乗用車では走破不可能と判断し、諦めました。

壁画の系統はここから南へ行ったGrapevine Canyonと同じだと思われるのでリスクを冒してまで行くこともない。

KHC1
入り口のキャトルガード。幅が狭すぎる。

KHC2
車窓から場所の確認。

KHC3
撤収直前。95号線沿い。

グループ 古代ユーマ(と思われる)
年代 西暦1200-1800?
場所 ラスベガスから南へ1時間
特徴
その他
設備 なし
入場料 なし
トレイルヘッドまでのアクセス
要4WD
トレイルヘッドからのアクセス
5分程度